全国各地のB級ご当地グルメってこんなにある!!

全国に知れわたっているわけではない、地元ならではのB級グルメに酔いしれる人は数知れず。ある者は言った、‘待て、しかして希望せよ'と。 自分たちの地元のグルメを広めるため、開催されたB-1グランプリからも分かるように、各地には色々な食文化が広がっています。ここではB-1グランプリ、歴代優勝者から見る現在のご当地B級グルメについて考察していきます。

人気沸騰、話題のB級グルメ

大会に出ていなくても、話題を集めるB級グルメ

B級グルメと呼ばれるものは、何もB-1グランプリに出展されているものだけとは限りません。先にも紹介したが、こうしたイベント出展にあたってはどうしても金銭的な負担が免れません。工面できれば出場するのもやぶさかではないかもしれませんが、グランプリまたはそれに匹敵するだけの知名度が得られなければ、お金を溝に捨てているようなものだ。事実として破産寸前まで追い込まれた店舗があるという話を聞いた際には、シュールすぎると現実の厳しさを物語っています。

そういう意味では八王子ラーメンなどというものを出さないのは懸命な判断といえる、ラーメンも人によって味の好みは分かれるため、もし評判が生まれなければ痛み分けどころの話では済みません。話題が集まれば良い、しかし一度もかすらないことほど悲しいものはありません。

B級グルメと呼ばれる料理は全国各地に存在している、それは何も大会に出場していなくてもだ。地元で確かな人気を勝ち得ているところほど、地域に根付いて毎日コツコツとその人気を得ている店舗もあるので、そういった料理ほど味は信頼できそうだ。

では今一番話題のB級グルメとは何か、全国各地の料理をまとめたランキング上位3位までに焦点を当てて紹介しよう。

グルメなあなたへ

優和住宅があなたをサポートします!設備が充実した物件をたくさんご用意!市川市 不動産のお部屋探しは当社で!

訪れたら食べておきたい、噂のB級グルメ

門司港焼きカレー

並み居る強敵を抑えて1位を獲得したのは、福岡県は門司港にて提供されている『門司港焼きカレー』だ。貿易港として明治時代には多くの海外文化が流れていたこともあり、当時は洋食店が多く並んでいたという。そんな港で生まれた料理で、昭和30年にとある喫茶店でカレーをオーブンに入れて焼いてみたところ、大好評を博したところから地元民を中心に大人気メニューとなったのが、起源と言われている。

今風にいうと焼きカレーになるわけですが、この門司港焼きカレーはふぐやエビといった魚介類をふんだんに乗せてあるのも特徴で、ご当地グルメとして有名だ。福岡の門司港に観光しに行ったら、このカレーの豪華さに圧倒されつつ、その旨さに舌鼓を打つこと間違い無しだ。

金沢カレー

昔ながらの今風焼きカレーの次にランクインしたのは、石川県は金沢市で有名な『金沢カレー』だ。1位に続いて2位もカレーとなっている、確かに国民食だがそれだけ日本人にとってカレーも外せない料理のようです。

このカレーの特徴として、カラメルなどを入れて黒っぽいドロッとしたルーだ。濃厚な味わいに深みのある甘みは県を飛び越えて全国区に知れ渡るメニューとして、今では大変な人気を勝ち得ている。またこのカレーを食べる際には必ずキャベツを千切りにして提供する、ルーはご飯が見えなくなるまで皿に乗せるといった、B級グルメらしい縛りという縛りが多く見られます。

今では市販でレトルトも売られているので、誰でも気軽に堪能できるようになった。

大阪のお好み焼き

3位にランクインしたのは特定の地域で作られたものというよりは、府全般の料理全てがランクインという不思議なことになっています。どこの料理がランクインしたのかというと、『大阪府のお好み焼き』と広義な意味でピックアップされています。

確かに大阪で食べるお好み焼きは関東のそれとは比較にならない味わいがある。友人と大阪へ観光旅行をした際、帰りの日にお好み焼き屋を尋ねた時には旨さに思わず舌を巻いたものだ。ふわふわの生地に甘辛いソースが絡みついて、キャベツを始めとした具材との相性が絶妙なバランスで織りなすハーモニーは至福のひと時だ。食べている最中、『あぁっもう東京ではお好み焼き屋には入れないなぁ……』と知ってしまった味に絶望しつつ、忘れないように堪能した事を覚えている。

事実、大阪を本店に構えているお好み焼き屋以来、筆者は東京でお好み焼き屋を尋ねたことはここ数年ない。ないだけではと指摘する声もあると思いますが、断じてそんなことはない。

お腹へったら見て下さい

B級グルメ巡りもしようと思えば出来る

大会にて出展されているB級グルメも実際には、非常に矮小な食文化の中で培われたものばかりだ。中には勝浦タンタンメンのように地元の人ですらどうして人気なのかと疑問しかない料理がグランプリに選ばれたりするほど。辛いだけで何も美味しいところなんかないじゃないかという声も聞こえてくるので、複雑な選考背景もあるようだ。

全国各地にある知る人は知る、地元ならではの名物料理を探すだけでも全国各地に足を運んでいける。好きな人はグルメ旅行と題した旅もしているほどでしょう。今もこの瞬間、世にも珍しいB級グルメが誕生し、後に全国レベルで人気を博す可能性を内包した料理が生まれる日もあるかもしれません。日本人の創意工夫が垣間見れる食文化の一端、B級グルメを味わってみると新しい世界と邂逅できるかもしれません。